芝刈りが要らないなどメリットが多数ある!?人工芝のポイントなどについてご紹介!

こちらのサイトは、人工芝を設置すると天然芝のときは異なり草刈りや要らないなどのメリットがあることを分かりやすくご紹介しています。
人工的に作れたものではあるけれども、最近はリアルなものが多くなっていて人気を集めていますし、1年中緑の状態の庭に出来るメリットもあります。
この場合は、冬や秋などのような季節感がなくなるのですが面倒なお手入れが要らないので忙しい人にもおすすめです。
また、設置すると水はけが悪くなるのではないんか、このような疑問も解決できます。

芝刈りが要らないなどメリットが多数ある!?人工芝のポイントなどについてご紹介!

人工芝は製品を選ぶことで高い耐久性を期待できるようになる、結果的に長持ちするので最初に多くの費用が掛かっても元を取れるなどのメリットもあります。
見た目が良い人工芝を設置すると天然芝の装いを持つ庭に出来ると同時に、天然芝のときに欠かせない芝刈りや栄養剤の添付、雑草の処理など面倒な作業が一切要りません。
人工芝のメンテナンスは基本的にはないので、落ちている枯れ葉などのごみを拾ったり定期的に芝目に合わせてブラッシングする程度で構いません。

人工芝は3段階のステップで雑草を防御できる

人工芝を敷き詰めると雑草が生えにくくなるけれども、これは単に敷き詰めるだけでなく3つの工程を丁寧に行うことでその効果を高めることができます。
工程の一つ目は下地づくりになるのですが、下地づくりでは現在生えている草を丁寧に取り除くことから始めます。
取り除いた後は、水はけが良い丈夫な地盤を作るための砕石や砂などを路盤材にして敷き詰めて、表面を平坦でかつ滑らかな除隊に仕上げてから専用の機械を使い叩きながら固めます。
下地の仕上がりは、防草シートと人工芝の端を隙間が生じないよう設置できるかで決まるもので、地面がガタガタの状態では隙間が出て来るので防草効果も薄れてしまうなど丁寧に行う必要がある工程など理解できるのではないでしょうか。
下地が出来たら防草シートを設置し、その上に人工芝を敷き詰めます。
人工芝を貼り付けるときは継ぎ目がなくなるよう行うのがコツで、隙間がない状態にではそこから雑草が生える可能性を下げてくれます。

人工芝の見映えに影響を与えるのが下地処理

近年の人工芝は大変クオリティが良くなっており、本物と見分けがつかないことがあります。
簡単に設置できるように感じますが、人工芝は意外と手間暇をかける必要があり、しっかりと下地処理を行わないと剥げてくることがあります。
人工芝の下地処理で大切な理由は剥げてくる、でこぼことするなどの見栄えだけではありません。
処理を行わない場合、水はけが悪くなりカビや虫が発生する可能性がありますし、人工芝の耐用年数も短くなってしまいます。
このようなことから下地を整えていきますが、まずは庭の雑草や石、砂利を丁寧に除去していきます。
その後土を平らにならして固めますが、転圧機がない場合はべニア板を使用すると平らにすることができます。
平らにできたら防草シートを貼り、そっと芝を置きます。
防草シートは様々な種類がありますが、ある程度しっかりとしたものを購入すると良いでしょう。
太陽の光を遮ることができるので雑草が生えにくく、芝が浮き上がってくることもありません。

人工芝は防草効果がないので防草シートを使って雑草が生えない環境を作る

人工芝には無数の隙間があり、空気や水の出入れを良くするようなつくりです。
ですから防草シートを使わないで人工芝のままだと、隙間から雑草が生えてきます。
そのため防草シートを使ったのうはいいです。
業者さんに人工芝をお願いするときは、かならずと言っていいほど、聞いてきますから最終的にはお客さんがどうするかです。
シートも安くはないですから予算的なことを考えて使わない家庭が少なくないです。
長期に使いますからそれは使ったほうがいいのです。
草の無い人工芝は見た感じがひじょうに綺麗ですが、雑草が生えてくることを考えると大変です。
その辺をよく考えたほうがいいです。
自分の庭を美しくなるようにするたけには芝は欠かせません。
芝の種類や手入れなどを徹底するようにすると、見事な芝を咲かすことができます。
芝とはそのようなものであり、つづけていく覚悟も必要です。
どのような感じするかは、家族らで話し合う場が必要であるのは当然です。

人工芝同士の接合は見た目を左右する大切な作業

人工芝を設置するときには、設置前の丁寧な下地作りと雑草を生えにくい環境にするための防草シートの設置などが欠かせません。
防草シートを選ぶときには、雑草が地表に出て来ることを防止する強靭性(引裂き強度)などの耐貫通性や光合成を防ぎ成長を抑制する遮光性、水はけを良くするための排水性や通気性などの透水性、そして紫外線および温度変化の影響を受けにくくする耐候性などに着目することが大切です。
さらに、人工芝同士の接合は見た目を左右するとても重要な工程です。
基本的に、人工芝の接合は耐久性を持つ塩化ビニールシートと強力な接着剤を使って固定させて、継ぎ目から雑草が生えないように予防する必要があります。
業者に依頼するとプロの技術で継ぎ目が目立たなくきれいに仕上がることはもちろん、隙間が完全にふさがれるのでここから雑草が生えて来るなどの心配も要らない、しっかりくっつけることは見た目と雑草の抑制作用があることが分かるのではないでしょうか。

人工芝は天然芝と比べると初期費用が大きいけれど維持管理においては手間がかからない

自宅の庭には芝生を敷きたいと計画を立てている方は多いですが、実際に人工芝・天然芝のどちらにすべきか迷ってしまう方も多いようです。
それぞれにメリットやデメリットがあり、違いを正しく理解した上でどちらにすべきか決めることが大切になります。
天然芝は芝草と呼ばれる生きた植物を使用し、高温多湿の環境に強い日本芝と寒さに強い西洋芝の2種類があります。
人工芝はポリエチレンやウレタン、ナイロンなどの合成樹脂製の芝生であり、用途に合わせてパイルの長さを選べるようになっています。
施工費の違いは天然芝のほうが格段に安い特徴があり、人工芝は1平米あたり約500円~6,000円と幅があり初期費用が高めです。
ただし費用が発生するのは最初の初期費用のみであり、面倒な芝刈りや除草といったメンテナンスを行う必要がなく、汚れが気になるなら水で軽く洗い流し乾燥させるだけなのでランニングコストが大幅に軽減できることから、手間をかけたくない場合におすすめです。

人工芝を選ぶときは芝糸にポリエチレン樹脂素材が使用しているものが良い

庭やテラスなどに敷いて使用する人工芝は、適当に選んでしまっているという方は多いですが、人工芝にはそれぞれ3種類の素材があり種類によって耐久性や適したケースも異なってくるので、使用する目的に応じて素材を選ぶようにしましょう。
人工芝には主にナイロンやポリプロピレン、ポリエチレンの3種類があり、最も良いといわれているのがポリエチレン樹脂素材を使用したタイプです。
3種類の素材の中で最もバランスが良いとされるのがポリエチレンであり、ナイロン製よりは手触りが硬いという特徴はありますが、肌触りとしては十分に柔らかく裸足でも問題なく過ごすことができます。
そして耐久性に優れていることもメリットの1つであり、水はけも良いのでペットや子供と一緒に水遊びをしたり、ガーデニングをする際に敷いて使っていてもカビが生えてしまう心配がありません。
また耐候性も強く紫外線にも強いので劣化しにくいことや、ポリプロピレンよりも価格が安いので手軽に自宅に取り入れることができる点が選ばれている理由です。

ポリエチレン樹脂の芝糸を使った人工芝は耐候性にも優れている

ポリエチレン樹脂は、機能およびコストバランスが良い汎用樹脂で通称PPと呼ぶポリプロピレンと同じで馴染みを持つプラスチック材料です。
食品衛生にも優れているなどからも食品の容器や包装材などで利用されることが多い、人および環境に対して優しく安全性が高い材料です。
人工芝に使用される芝糸もポリエチレン樹脂が使用されているものがあるのですが、安価な人工芝の芝糸はナイロン製で耐久性そのものが低めです。
これに対してポリエチレン樹脂を使ったものは安全性のメリットもあるのですが、設計通りにきれいで丈夫な芝糸を作れるなどの成形性、踏んだり引っ張っても切れない機械強度そして洗剤やペットの尿などがかかっても変色しにくい耐薬品性、この3つの特性に優れています。
さらに、人工芝は屋外で使う設備ですから耐候性に優れていることが条件になりますが、ポリエチレン樹脂を使った製品は太陽からの紫外線や温度変化の影響が起こりにくいなど耐候性にも優れた素材です。

庭は過酷な環境で人工芝の芝糸部分は耐久性と必要な性能を持つ材料が欠かせない

人工芝を選ぶときには耐久性についても着目する必要があるんですが、耐久性は簡単に説明する場合は長持ちするなどの意味を持ちます。
人工芝を設置する庭などは過酷な環境下になるので、紫外線や高温度の光などからの猛威をまともに受ける場所です。
ちなみに、人工芝の緑色の部分は芝糸と呼ばれるもので、他のパーツの中でも芝糸は日光を直接受ける部分でもあり紫外線や温度変化をまともに受けます。
芝糸に利用される素材はプラスチックになるのですが、安価なものはナイロン製で耐候性が高いものはポリエチレン樹脂が採用されています。
プラスチックは紫外線や高温などの環境にあまり強い素材ではないのですが、ポリエチレン樹脂の場合は従来から存在していたポリエチレンの耐高性能を強化する目的で特殊な添加剤を加えて製造された材料です。
基本的に、景観目的などでは約10年の耐高性能があるので長持ちさせたい人は人工芝に使用される素材にも着目することをおすすめします。

PP樹脂(ポリプロピレン樹脂)は人工芝の基布に採用されることが多い素材

PP樹脂(ポリプロピレン樹脂)は、人工芝の基布に採用されることが多い素材です。
人工芝は、運動場やスポーツ施設でサッカーやラグビーなど屋外競技をするときに多く用いられるものです。
求められる資質としては言うまでも無く「丈夫」であることです。
自然の芝であればメンテナンスは必要になるため、定期的に張り替える必要が出てきますが人工であればメンテナンス自体の期間を長くできるという面でメリットがあります。
もちろん協議を継続することによって、一定の張替えは必要にはなってきますが確実にメンテナンス期間をのばすことができるでしょう。
ポリプロピレン樹脂の特徴として摩耗や衝撃に非常に強く、加えて軽量であるので幅広い分野で利用されています。
コスト自体も低く量産が可能という点も様々な分野で利用されている背景といえるでしょう。
加えて耐熱性にも強く塩や酸などにも強いため、紫外線や風雨などの強い環境である屋外での利用にもうってつけです。

著者:北政弘

筆者プロフィール

茨城県水戸市生まれ。
植木屋として数多くの有名旅館の庭を剪定。
今回は人工芝に関する記事を書きました。
人工芝の保育園